山陰海岸ジオパークは山陰海岸国立公園を中核にし、日本海形成から現在に至る多様な地質や地形が存在し、それらを自然背景とした文化・歴史を体験・学習できる地域です。山陰海岸ジオパークでは、このような特徴を活かし、地域のジオツーリズムを通じた自然遺産の保全と地域活性化につながる活動を展開しています。平成20年12月、日本ジオパーク委員会から「日本ジオパーク」として認定を受けました。

活動日誌

2019.01.06あけましておめでとうございます
新年を迎え、とても元気で仲の良い大阪の方々と播磨から訪れたご家族が来館されました。 展示内容を熱心に学びながら、砂・礫の沈殿、川の実験など楽しく体験されていました。 [caption id...
2018.12.26京都から来られた大学生
  大学生の仲間たちが来館され、プレートの活動と日本海の形成、さらに地震との関係について学ばれていました。 また、山陰海岸でみられる多様な岩石にとても興味を持たれたようでした。 ...
2018.12.23楽しく砂絵体験!
阪神方面から来られたご家族と仲の良いお二人が、楽しく砂絵作りを体験されました。 [caption id="attachment_2853" align="alignleft" width="20...
2018.12.23風紋はどうしてできる?
冬休みに入りお子様連れのご家族が見学に来られました。 砂丘の風紋はどのような風の速さでできるのか?。 そのしくみを、風を送る風洞実験で楽しんでいただきました。 [caption id...
2018.12.13香美町村岡区(口大谷)から来館
先週に続き香美町の福祉活動に参加された村岡の口大谷にお住いの方々が来館されました。村岡の温泉や鉢伏山の地形などについて説明を聞かれ、普段見過ごしている地域の魅力について考えを新たにされていました。また...

館内紹介

2階常設展示室
資料文献コーナー
新温泉町コーナー
岩石・化石・鉱物展示コーナー

新温泉町 ジオサイト・関連施設

館内では山陰海岸ジオパークについて学習できるパネルなどの展示物やジオツアーの案内などがあります。
さらに、鳴き砂体験や山陰海岸ジオパークエリア内の多種多様な岩石なども展示しています。

上にもどる