北前船

北前船は江戸時代中期から明治時代にかけて、東北北陸から山陰・関門海峡を経て瀬戸内に入り、大阪までの海上航路の廻船です。
後には北海道まで航路を伸ばしています。
但馬海岸では柴山と竹野の船が多かったようですが、明治になって鉄道が普及すると陸上交通が中心となりました。
北前船はヨットと同じ帆掛け船なので風が頼りであり、重心を下げるために空荷の時は船底に石を積んだといわれています。
但馬各地の北前船寄港地には「来待石」と呼ばれる、出雲地方特有の砂岩が神社の狛犬として残されています。
鷹野神社には来待石で造られた方角石(方角を示す石碑)も残っています。
ちなみに竹野では青井海岸に多い火「青井石」が使われ、山陰各地に運ばれていたようです。
北前船は「北前館」に、北前船主の邸宅は「御用地館」として見学することができます。その他に体験などもできます。

上にもどる